あがり症克服は金井英之を頼るべき

あがり症克服には65,090人が成功したプロが伝授するあがり症克服法がベストです。金井英之氏はトーク&コミュニケーションアカデミーを設立しこの道の第一人者です。

あがり症を克服する為には病院で精神安定剤をもらったり、専門医のカウンセリングを受けたりしないといけない・・・
薬の副作用とかも心配だし、第一人前に出たら 顔が真っ赤になるのは体質だからどうしようもない!そんな風に考えていませんか?

でも最近は、自宅にいるちょっとした時間を使って
あがり症を克服している人もいるんですよ!


>>あがり症を克服する方法とは?!

トーク&コミュニケーションアカデミーの金井英之さんが言うには、

あがり症の克服に精神安定剤やカウンセリングは不要というか、この方法ではあがり症を治す事はできないのだそうです。

薬や他人に頼っていては、いつまでたってもあがり症を克服する事ができない!自分の力であがり症の根本を断ち切る事が大切と言われます。

簡単なトレーニングを自宅で行い28日であがり症を克服する方法で65000人以上を克服させている実績は驚きですし、あがり症克服のプロの方が自信をもって克服させてみせると言い切る自信は凄いですね。

実際に評価も高く、本気であがり症を克服したいと悩んでいるなら【あがり症克服】65,090人が成功したプロが伝授するあがり症克服法をチェックする事をオススメします。

>>65,090人が成功した あがり症克服法をチェック

井上俊彦

対人恐怖症とあがり症の違いとは?

対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)とあがり症はにているように思われますが、どこか違いなんてあるのでしょうか?基本的に、対人恐怖症(ひきこもりや統合失調症の発症、自殺にも繋がりかねません)はあがり症と同様に、神経症の一種とされており、人との付き合いに異常なほどに緊張して、色んな症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を引き起してしまうと言われています。

例えば、人前で自分の考えを言う事ができてなくなったり、顔が赤くなる、人の視線が気になり物事に集中できなくなるなどといったことです。身体に異常があるわけではありませんので、通常であれば、経験を積み苦手意識を克服することで自然に治っていく場合がほとんどです。

でも、いくつかの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を併発して重症化してしまったりするケースもあるのです。人との関わりを避けようとするあまり、だんだん孤立化して社会的生活に大きな支障をきたしてしまったりする事態に陥ってしまうこともあるでしょう。また、割と軽い症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)のものをあがり症、社会的生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)に大きな支障をきたすほど重篤な症状の物を対人恐怖症と区別することがあります。


しかし、実際はハッキリと分けられるものではありません。その根底にあるものは同じだからです。対人恐怖症(神経症の一種で、あがり症や赤面症、吃音症、多汗症などが代表的です)の問題点のひとつとして、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)に気付いてから専門家の場所で相談するまでに時間がかかり、何年も経過してからようやく診察に訪れる患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)が少なくないといったことがあります。

治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が遅くなればそれだけ症状が重症化し、さらにも他の病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)を併発しやすくなってしまうでしょう。うつ病やアルコール依存症(精神疾患の一種で、自分ではお酒を飲むことを止められない状態になっています)などがその一例になると思います。早い段階での治療が回復への近道なのです。まずは、克服するためには治療が必要な病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)なのだということを本人が理解して、できるだけ早く行動に移すことが大切なのだと思います。

あがり症ってどんな症状のこと?

あがり症とは人と接する時や人前でスピーチする時などに起こる身体症状のことです。

会社でプレゼンテーションをする時や電話をする時に緊張する人はよくあるでしょう。

しかし、あがり症の方の場合、その緊張が普通の方よりも大きく現れます。

緊張のあまり頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)が真っ白になる、手足に汗をかく、顔が赤くなる、手足がふるえる、相手の顔を見ることができない、口の中がカラカラになる、呼吸が苦しくなる、吐き気がする、声がふるえる、どもると言ったものが主な症状です。

症状が起こるシチュエーションは人によって異なります。

大勢の前よりも一対一の方が緊張や不安を感じやすい人もいれば、一対一よりも大勢の前の方が不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)になる人もいると思います。

あがり症だとなにかと苦労することが多いのです。

上手く電話で話すことが出来ない為に、仕事に支障をきたすことがありますし、人間関係を築くのにも苦労します。

あがり症のせいで誰とも接するのが嫌になって、引きこもり(社会との繋がりがほとんどない状態をいいます)になる人も中にはいますよね。