ためしてガッテンで紹介されたあがり症克服法

NHK(2010年度から、教育テレビをEテレという略称で呼んでいます)の「ためしてガッテン(ゲストが納得すると「合点」と音が鳴るボタンを連打します)」という番組で、あがり症が取り上げられた回がありました。ためしてガッテンでは、どのくらいの克服法が紹介されたでしょう。番組で紹介された方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)は、主に四種類です。

1.呼吸法
2.筋肉弛緩法
3.おまじない
4.イメージトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)

あがり症には、腹式呼吸で心を落ち着かせる訓練が良いと言われています。ですが、ためしてガッテンで紹介された呼吸法は、もう少し簡単なものでした。「深くゆっくりと力を入れながら大きく吸い込み、吐くときには全身の力が抜けていくのを感じられるように息を吐く」というもの。この呼吸法(ヨガや気功、エクササイズや筋トレなどでも重視されています)によって心拍数が下がり、ドキドキと緊張していた心が落ち着くのだそうです。

次に、筋肉弛緩法では、思いっきりぎゅっと力を入れておいて、一気に力を抜くという方法を紹介していました。具体的には、腕を上げた状態で力を込めておき、一気に力を抜いて腕を振り下ろすという方法です。そのほかにも、スポーツ選手や芸能人が行っているイメージトレーニングの重要性や、有名人のあがり対策としてのおまじない(女の子は特に好きですよね。一度くらいはやってみたことがあるかもしれません)が紹介されていましたね。その中には、一般的にもよく知られているような「掌に人を3回書いて飲む」という方法もありました。

つまりは、どんなおまじない(女の子は特に好きですよね。一度くらいはやってみたことがあるかもしれません)であれ、「自分はこれが効く」と思い込めるようなおまじないを作っておくことが重要と言うことですね。イメージトレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)も同様の効果があり、くり返し「失敗しないイメージ」を思い浮かべてトレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)することで、脳に「失敗しないのが当たり前」と思い込ませるであると言われています。