あがり症にいいツボ

あがり症にいいと言われるツボの中でも代表的なのが、手のひらのちょうど真ん中あたりにある、労宮(ろうきゅう)と呼ばれるツボです。労宮には精神を安定させてくれる効果があると言われていますが、手のひらにありますから、面接の前やスピーチの前などに、気づかれることなく押すことができるツボでもあるでしょう。また、緊張して動悸がするというような場合に効果があるといわれているのが、手首の内側にある内関(ないかん)と呼ばれるツボです。

このツボは動悸(普段はそれほど意識していない心臓の拍動を自分で感じられる状態をいいます)を鎮めてくれる効果が期待できますから、緊張などから心拍数があがってしまった時、胸がドキドキしてどうしようもない時などに指圧したら良いでしょう。

内関も手首にある為、人の目を気にすることなく、いつでも押す事が出来るはずです。

もちろん、どちらのツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)も、あがり症の人全員に効果があるとは言えません。でも、知っておくだけでも心に少し余裕ができるかもしれませんし、ツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)を押したから大丈夫だと自分に言い聞かせることで、あがり症の改善に役立つでしょう。

すぐには効果が実感できなくても、どうせ効かないと思わずに何度か試してみてください。