変形性膝関節症 サプリ

変形性膝関節症に効くサプリ

変形性膝関節症に効くサプリは、何と言っても、グルコサミンとコンドロイチンの2種類になります。

それはアメリカで臨床研究の結果の元、実際に効果が示されているからです。しかし、ひざの痛み解消に効果が期待できるのは、変形性膝関節症の初期から中期の段階で、関節軟骨の磨耗が進行している場合はあまり効果が期待できないので、その辺は少し注意が必要です。

そうしたことから、変形性膝関節症など、ひざの痛みに悩んでいる場合は、できるだけ早い段階でサプリを服用することが肝心です。

変形性膝関節症に効果的とされるサプリメントのグルコサミンとコンドロイチンは、日本ではまだ医薬品としては認められておらず保健機能食品の位置づけになっています。

サプリは、毎日継続的に服用しないと効果が出ず、費用もかかるものなので、十分に検討してから購入することです。ひざの痛みが伴う変形性膝関節症には、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントが有効なのですが、初期から中期の症状の人でないと中々効果は期待できないので、ひざの痛みで悩んでいる人は、その症状の進行状況をよく確認してから、購入することです。

最近宮田トオル氏が紹介されている運動療法も痛みに対する効果は高いと思います。気になる方はチェックしてみて下さい。



変形性膝関節症

老化によって弾力が失われひび割れた膝関節の軟骨に負荷がかかることで、軟骨が磨り減り関節が変形してしまうというのが変形性膝関節症(肥満を予防して膝への負担を減らし、膝周りの筋肉が?えないように注意しましょう)です。

変形性膝関節症は、中高年の膝の関節痛の要因で最も多いと言われ、特に65歳以上になったら発症リスクが高くなるでしょう。

それに、女性の人が男性よりも2倍から4倍くらい発症しやすい病気です。

女性ホルモンの分泌量低下、筋肉量、体型など、様々な理由が考えられるのではないでしょうかが、ハイヒールをよく履いていたり、O脚(改善する方法は色々とありますが、日常の生活習慣を見直さないとすぐに元に戻ってしまうでしょう)だったりすると、膝の関節にかなりの負担がかかってしまいますから、注意した方がいいかもしれません。

また、膝には体重の2倍から3倍の負荷がかかるため、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)気味であればダイエットすることも変形性膝関節症の予防に繋がります。

変形性膝関節症は、進行すると日常生活にも支障をきたす恐れがある怖い病気なのです。

とりあえず、膝を使った動作を行う際に、軽い痛みやこわばりを感じるくらいですが、徐々に痛みが強く長く起こるようになっていき、腫れたり水がたまってしまう場合もあるのです。

安静にしていても痛くなってしまうと、日常的につらいですし、動かないことで筋力が低下して痛みがひどくなって・・・という悪循環に陥ってしまってます。

早期発見・初期の段階で治療のためにも、50歳を過ぎて膝に痛みを感じたら、すぐに病院を受診し、レントゲンを撮るなさってくださいね。


猫アレルギー

 

サイトマップ

コントレックスは箱買いがお得!名医が教えてくれた”わきが”克服法!Dr.N−BCマニュアルプロが伝授するあがり症克服法口臭の対策と治療1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜川口陽海の腰痛セルフケアプログラム